メインコンテンツ
安全への取り組み
リンクメニュー
サイト内検索

 2017年11月7日、植草一秀さんに「消費税について」と題する講演を札幌で行ってもらいました。
 ご了解を得て、当社ホームページで、講演録(要旨)を公開します。

 植草さんは、1960年生まれ、経済学者、経済評論家として活動を続けています。現在スリーネーションズ株式会社代表取締役社長。著作共著も幅広く多数。消費税に関しては、ジャーナリストの斉藤貴男さんとの共著もあります。

 現在8%の消費税率、現日本政府として、2019年10月より10%に引き上げとの動きになっています。これは大問題です。しかも、これまでの消費税増税一途の方向が、そのまま進むことで、政府の言う国家財政やその他制度の危機を打開する方向とは言えなくなってきました。消費税増税のかたわら、法人税所得税の減税によって、総体の国庫収入は変わらない、そうした結果もひずみを大きくしています。
 消費税増税に対する対案には、据え置き、5%に引き下げなど、いろいろな根拠や違った考え方を持ったものが出そろってきました。長い目でそれらも視野に入れて考えていくことが、より必要な時期に入ったと考えられないでしょうか。植草さんにはこうした時に講演機会をいただけました。

 植草さんには、自らのご意見を踏み込んで述べていただきました。「消費税」にテーマをしぼった講演機会は少ないそうですが、消費税問題を掘り下げてお話しいただきました。加えて、植草さんならではの、たいへん多岐にわたる示唆に富む内容となりました。かえって消費税の問題点や課題が浮き彫りになりました。ていねいでわかりやすい語り口です。ご本人の波風体験も、中身を濃くしていったのでしょうか。受け止めるひとりひとりが、それぞれ考えていってほしい、との気持ちが貫かれています。

 知ることが増えれば、考えも行動もいろいろ広がりにつながります。その一助になれば幸いです。
 2018年4月 りんゆう観光

植草一秀氏 講演内容[PDF 1.96Mbyte]

 

前
斎藤貴男さん講演公開にあたって
カテゴリートップ
企業概要
次
電気自動車用急速充電器




| 企業概要 | 求人案内 | 安全報告書 | サイトマップ | プライバシーポリシー |

株式会社りんゆう観光 COPYRIGHT(C) 2010 RINYU KANKO CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED